足底腱膜炎

このようなお悩みはありませんか?

足底腱膜炎が起こる部位を示す画像

  • 朝起きて1歩目が痛い
  • 長時間立っていると踵が痛くなる
  • ランニングをした後に踵が痛くなる
  • 病院で注射をしたが良くならない
  • 踵が痛くて足をつけない

踵の痛みを生ずる代表的な疾患に『足底腱膜炎:そくていけんまくえん』というものがあります。

足底腱膜は踵骨の内側突起から基節骨までを結ぶ膜で、足底アーチ(土踏まず)の保持に作用する重要な組織です。

 

内側から見た足底腱膜を示す画像

内側から見た足底腱膜

 

足底腱膜によって足底アーチが保持されることで荷重時に緩衝作用が働いて、膝や股関節への負担を和らげています。

同時に、立位では常に体重がかかる部位であるため痛みが生じた場合、安静にすることが困難で難治性になりやすいといった特徴があります。

足底腱膜炎の症状|大分ごとう整骨院

足底腱膜炎の主な症状は、

  • 荷重時の踵の痛み
  • 足底腱膜(踵骨側)の圧痛

足底腱膜炎の圧痛点は踵骨の前方にあることが多く、症状が強い場合は踵の発赤や腫れを認めたり、足をつけない程の痛みが生じるケースもあります。

 

また、病院でレントゲン検査をしても足底腱膜は写りませんが、踵骨の足底腱膜付着部に『踵骨棘:しょうこつきょく』として骨の変形を認めるケースもあります。

 

踵骨棘を示すレントゲン写真

踵骨棘(踵骨の変形)

 

踵の外傷、あるいはその後遺症などを除けば『踵の痛み』の原因の多くは足底腱膜炎に由来するものと言われており、大分ごとう整骨院にも多くの患者様がお悩みを抱えて来院されています。

足底腱膜炎の原因|大分ごとう整骨院

足底腱膜に痛みが出やすい理由は、荷重時に伸長ストレスが加わることが挙げられます。

 

通常の立位姿勢では足底腱膜(赤ライン)が引き伸ばされて、足底アーチ(青ライン)が下がらないように保持しています。

 

歩行やランニング動作の際に、踵が地面から離れてつま先の方へ荷重が移動すると、足底腱膜はさらに緊張して、足底アーチを高くする作用が働きます(windlass機構)。

つまり、立っているだけで足底腱膜は引き伸ばされ、歩行・ランニングなどを行えばさらに緊張することになり、足底腱膜は痛みやすいのです。

足底腱膜炎が発症するきっかけには、

  • overuse(立ち仕事やランニング)
  • 合わない靴・インソール
  • 加齢
  • 肥満
  • 扁平足(回内扁平足)
  • 体の硬さ

など、多くの誘引があります。

元々ストレスに晒されやすい構造の上に、これらが引き金となって発症しているケースが多くあります。

足底腱膜炎の施術方法|大分ごとう整骨院

大分ごとう整骨院では、足底腱膜炎に対して手技療法と超音波療法を行なっています。

足底腱膜炎に対する施術は、

  • 硬くなっているふくらはぎ・アキレス腱を伸ばす
  • 足底腱膜の消炎・修復

を目的として行ないます。

 

ふくらはぎやアキレス腱が硬くなると、踵骨が後方へ引かれて足底腱膜にストレスがかかります。

ストレッチボードなどを使ってふくらはぎやアキレス腱の柔軟性を高めることは足底腱膜炎の施術では大切です。

 

ストレッチボードでアキレス腱を伸ばしている写真

ストレッチボード

 

下腿から足底にかけて手技療法を行ないます。マッサージによる血流の改善や異常なアライメント(骨の並び)を整える効用が期待できます。アイシングを併用して行なうこともあります。

(アイシングについての詳細はこちら

足底腱膜炎に対する手技療法を行なっている写真

下腿の手技療法

足底腱膜炎に対する手技療法を行なっている写真

足底の手技療法

 

超音波療法は手技だけでは届かない深部へ微振動を与え、血流の改善を促します。

足底腱膜へ超音波療法を行なっている写真

足底腱膜へ超音波療法

 

また、大分ごとう整骨院では骨折治療で使われる『低出力超音波パルス:LIPUS』を難治性の足底腱膜炎の施術に応用して行なっています。

低出力の超音波を20分間患部に連続照射することで、痛んだ足底腱膜の修復を促します。

 

低出力超音波パルス LIPUSを行なっている写真

低出力超音波パルス LIPUS

 

通常の超音波療法や、近年足底腱膜炎の治療に使われている『体外衝撃波治療』に比べ、痛み・不快感が生じにくく、患者様はベッドに横になっているだけで施術を行えます。

超音波療法は5分・¥500/回、低出力超音波パルス療法は20分・¥1100/回にて保険外施術として行なっています。

ご相談やご不明点がございましたら、お気軽にご連絡ください。