オスグッド病について

このようなお悩みはありませんか?

  • 運動部に所属している
  • ひざがはれて押すと痛い
  • 湿布だけではよくならない
  • 体がとてもかたい
  • 正座すると痛い

ひざの痛みを生ずる疾患の一つに、『オスグッド病』というものがあります。

正式名は『オスッグド・シュラッター病』といいます。

スポーツを一生懸命頑張っている小・中学生の子どもに多く発生しますが、これをきちんと治療せずに放っておくと骨の変形が残ってしまい、大人になって「正座ができない…」などといった大変困った症状を引き起こします。

変形が強く残ってしまった場合は、骨を削るような手術が必要になることもあります。

大事なことは、根治を望める子供の時期にきちんとオスグッド病の治療をしておくことなのです。

オスグッド病の原因と症状について|大分ごとう整骨院

オスグッド病はサッカー、バスケットボール、バレーボールなど、スポーツ活動を行なう活発な小・中学生に多く発生します。

好発年齢はおよそ10才~15才くらいです。

痛む場所はひざのお皿の少し下、正常な人でもポコッと出っ張っている部分です。

ここは『脛骨粗面:けいこつそめん』といって、大きな太ももの筋肉の腱がくっついているところです。

脛骨粗面の写真

オスグッド病の症状は、走ったり・跳んだりといったスポーツ活動中に脛骨粗面周辺に痛みが出ます。

また、ひどいときにはこの部分が腫れたり、押した時に痛みが出ます。

 

脛骨粗面が太ももの腱に繰り返し引っ張られることで刺激され、炎症が生じ痛みや腫れが出ます。

オスグッド病に対する治療|大分ごとう整骨院

オスグッド病の原因の多くはオーバーユース(使いすぎ)によるものです。

先ずは原因となっていると考えられるスポーツ活動を2~3週間程度休止する必要があります。

その上で治療を行なうと順調な経過を辿ることがほとんどです。

 

大分ごとう整骨院では、患部のアイシングをしてから必要に応じて電気治療や手技施術を行っています。

 

また、オスグッド病になる子供たちの特徴として、『体がとてもかたい』ことがあげられます。

「ストレッチが苦手…」

そんなお子さんはとくに要注意です。

もし今の痛みが良くなっても、また同じところの再発をくりかえしたり、今とは違う他の部分が痛くなる事がよくあります。

 

ひざの痛みをとることはもちろんですが、再発させない体作りをすることも必要となります。

オスグッド病でお悩みの方は大分ごとう整骨院にご相談ください。