交通事故後のむちうち・捻挫はもちろん、骨折脱臼リハビリに自信があります!

 

交通事故治療

このようなお悩みはありませんか?

交通事故 イラスト

  • 交通事故に遭ったけれどどうしたらいいのか分からない
  • 事故後しばらくしてから痛みがでてきた
  • 病院に通っているけどよくならない
  • 加害者で施術が受けられないのか不安
  • どれくらいの費用がかかるのか心配

交通事故の慰謝料計算ツール

通院開始日※病院、整骨院どちらか早い方の日付
通院終了日※病院、整骨院どちらか最終の日付
実治療(施術)日数※病院、整骨院どちらも含む実日数

※自賠責の慰謝料に基づいて計算していますが、あくまで目安の計算となります。

事故によって、被害者がうけた精神的な苦痛に対して払われるもので、治療1日につき、4,300円の支払いとなります。

【治療期間】と【治療日数×2】のうち、少ない方の数字を慰謝料として計算しています。

交通事故による痛みは、適切な施術をせずに放置すると肩こりや腰痛、頭痛、めまい、吐き気、しびれ、耳鳴り、倦怠感・・種々のつらい不調が出現することがあります。

レントゲンでは『異常なし』でも…交通事故に遭われた方に知っていただきたいのは、事故の衝撃によって現れるこれらの不調は、受傷後数時間から48時間以上経って出現する場合があるという事です。

大分市の大分ごとう整骨院では、交通事故に遭われた方への施術を行っています。

被害者の方はもちろん、加害者の方も自賠責保険・任意保険を利用して窓口でのご負担金を0円で施術をうけていただけることもあります。

また、当整骨院は整形外科と連携を取りながら施術を行っており、専門的な医療サポートが必要な場合にも迅速に対応できる体制を整えています。

さらに、弁護士とも連携し、交通事故被害者様の救済に力を入れておりますので、法的なサポートが必要な場合も安心してご相談いただけます。

交通事故に遭われてお困りでしたら、まずは大分ごとう整骨院にご相談くださいませ。

ご相談はお電話、または大分ごとう整骨院公式LINEから受け付けております。

LINEでのご相談は24時間受け付けておりますので、ぜひご活用ください。

大分ごとう整骨院は、大分県庁・大分市役所からすぐです。

交通事故治療におけるゴールデンタイム

交通事故に遭った直後に不調が全くない場合でも、数日経過してからむち打ちによる首・肩痛や腰痛等が出ることは決して珍しくありません。

これは交通事故に遭われた方の特徴的なお悩みの一つです。

また、これらの不調は日によって定まらないことが多く、周囲の人たちから理解されにくいこともあります。

入院を必要としない程度のお怪我の方は、日常生活やお仕事中に痛みはあるものの、ごまかしながらでも一日を過ごせてしまいます。

不幸中の幸いで、動けてしまうが故に局所の安静を保つことが疎かになってしまうのです。

これが交通事故の不調を長引かせる原因の1つです。

『鉄は熱いうちに打て』というような言葉がありますが、交通事故の施術の場合にも同じような事が言えます。

然るべき時に、適度な安静と適切な施術を受けなくてはなりません。

  • 交通事故直後に適度な安静を保てていること
  • 交通事故から遅くとも2週間以内に適切な施術が開始されていること

施術を行うにあたって、後遺症を残さずにこれまでの生活に戻る為には「ゴールデンタイム」を逃してはいけません。

痛みやつらい状態を我慢したり放置したりせずに、早めに適切な施術を受けましょう。

大分ごとう整骨院の交通事故治療

施術 写真大分ごとう整骨院では、お一人おひとりの怪我の状態に合わせて施術を行います。

まずはお身体がどのような状態なのかをカウンセリングします。

神経学的所見、骨折・脱臼の有無、筋肉の硬さ、関節可動域、痛みレベルなどの確認を行ない、お身体の状態を把握し、評価します。

時期や痛みの度合いを見ながら、痛みが酷い時は無理に触ったりせずアイシングで患部を冷やしたり、施術機器での物理施術で痛みを取り除きます。

その後、手技を中心として筋肉のハリを緩和させたり、ストレッチ等も併せて行うことによって後遺症が残らない、健康な身体への回復へと導いていきます。

上手に整骨院と病院に通い分けて、早期回復を目指しましょう!

現在、交通事故治療で病院へ通われている方は、同時に大分ごとう整骨院に通うことも可能です。

大分ごとう整骨院は、整形外科での多数の経験があります。

無理な判断はせず適切にお身体の状態を見極めて施術を行えます。

整骨院が得意な領域

整骨院が交通事故治療でできること

病院が得意な領域

交通事故の怪我でお悩みの方は、大分ごとう整骨院へご相談くださいませ。

事故に遭われた方へ|大分ごとう整骨院

首 施術 写真交通事故の増加に伴って、「むちうち」という言葉が広く社会に知れ渡ると同時に、あたかも『不治の病』であるかのような誤解や不安を招いてしまっています。

さらに慰謝料などの金銭的な問題等によるストレスが、交通事故に遭われた方の身体・精神面に対し悪影響を与えます。

むちうちという言葉自体が不安を煽るという見解から、最近では外傷性頚部症候群や頚椎捻挫と呼ばれるようになっています。

むちうちについての詳細はこちら

私は整形外科病院勤務で交通事故に遭われた方を多数みてきました。

夜、当直をしているときに出先で事故を起こした一家全員を一人でみることもありました。

日々の施術をこなす中で確信しているのは、『多くのケガは適切な時期に、適切な治療を開始することができれば問題なく治る』ということです。

むちうち(頚椎捻挫)は決して不治の病の類ではありません。

また、交通事故に遭われた方の一番の負担は「精神面」だと考えています。

大分ごとう整骨院では、お身体の怪我や不調を回復に導くことはもちろんですが、交通事故に遭われた方の精神面のサポートも行います。

交通事故において「保険会社とのやりとり」「相手との交渉」「警察とのやりとり」など、様々な問題がふりかかっていきますが、ご心配なこと、ご不安なこと、なんでもお話下さい。大分ごとう整骨院で、問題の解決にむけて精一杯サポートさせていただきます。

笑顔 話を聞く写真ご安心ください。私は、大分ごとう整骨院は、あなた様の味方です。

交通事故後のお身体の不調は早期に、かつ短期集中的に通われた方のほうが経過は良く、また後遺症も残りにくい傾向にあります。

期間中は、お身体の状態が一定期間安定するまで施術を継続する事を強くおすすめいたします。

施術を受ける医療機関をお決めになるのは実際に通われるご本人です。

当サイトをご参考にしていただけたら大変嬉しく思います。

交通事故被害者様が良い整骨院に巡り合い、1日でも早く、辛い痛み・お悩みから解放される事を切に願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

文責

大分ごとう整骨院

院長 後藤佑輔

【保有国家資格】柔道整復師・柔道整復師専科教員・社会福祉士

【所属】医療法人社団 栗原整形外科 宏友会

日本柔道整復師会

大分県柔道整復師会

日本超音波骨軟組織学会